葬式の受付係を学生に任せる理由

家族葬式は参列者が家族や親族に限定されるため、受付係とお手伝いを置く必要がないと考えられます。
一般的には、家族葬式の場合は受付とお手伝いを用意しなくても良いと言われています。
それは、全員が顔見知りであるが故に、まるで正月やお盆に集まったような様子になるため、動こうと思えば誰もがお手伝い役に徹する事ができるためです。
ただし、普段は遠くの町に住んでいてほぼ関わりがないのにも関わらず、義理堅い方は駆けつけてくれる事もあります。
そのような方がたくさんいる場合は家族に限った葬式でも10人から20人という人数になる場合も珍しくないため、受付係を決めておいてください。
全員が故人と深い関わりがあった時は役割分担が難しいですが、最良なのはある程度近い距離感があるものの、手が空く時間のある方です。
つまり、高校生や大学生などの娘や息子がいる場合にはそういった学生に任せるのが最も好ましい状況を作り出せると言えるのです。