葬儀業界も岐路に立たされています。

日本では、夫の遺骨の埋葬後に夫の親族との関係を解消する婚族関係終了届けによる死後離婚を希望する未亡人が多く社会問題となっています。

死後離婚を希望する未亡人は、介護を押し付けられた事や姑との劣悪な関係などの理由により、夫と同じ墓に埋葬される事を拒絶するケースがほとんどです。

その為、金にまみれた葬式仏教に見切りをつけた世代と合わせて、葬儀を必要としないケースが今後も急増すると考えられています。

今までの葬儀は、肉親の死に動揺している遺族に短時間で様々な選択を迫り、全ての選択時に不要なランクアップさせて高額な葬儀プランを立案していましたが、現在では業者が不当な利益を貪っている事が暴露された事で、事前に葬儀に対する基礎知識と相場を得る目的を含めて、自分がイニシアチブを握る為に生前見積もりを取る動きが高まっています。

実際に紹介料を必要とする医療機関との黒い関係に加え、リーズナブル価格の生前見積もりという2通りの囲い込みを行う業者が増えています。