葬儀や夫婦の相互感情に大きな変化が起きています。

現代の日本では、葬儀だけでなく子供の躾や知っておくべきマナーなどを知る為の高齢者との交わりが非常に減少しており、人から注意される事も非常に減少する事で人の話を聞く度量の無いモンスターと呼ばれる人種が多く社会問題となっています。

以前は、故人の体裁を繕う為や故人の冥福を祈る気持ちが経済的に苦しくても葬儀を出して来ましたが、現在では経済的に苦しいから仕方ないと開き直る人が多く、特に都市部の仏教離れが進む世代では葬儀の必要性を感じていない様です。

逆に地方では、儒教や道教、神道までが混在する日本の仏教に土着の自然信仰が更に融和し独特の葬儀を形成してきましたが、現在も前火葬や骨葬、白い宝冠の着用、花籠振り、まき銭など稀有な風習が継承され現在も行われています。

しかし、都市部も地方も夫の死後に夫の親族との関係を清算する婚族関係終了届を申請する死後離婚を希望する女性が非常に増えており、葬儀や夫婦の相互感情に大きな変化が起きています。