葬儀と通夜の服装の違い

人が亡くなってしまうと、その人と関係の深い場合では通夜や葬儀にでることになったりするものです。

身内や本当にお世話になった人であれば、両方に参列することもあるのですが、ほとんどがどちらかにでるような形にすることが多いようです。

特に最近では通夜に駆けつけることで葬儀に参列しないようにする人もいたりするのです。

通夜の場合では急いで訃報を知って駆けつけるといった人もいるため、喪服などを着用しなくても少しラフな服装でもいいといえましょう。

しかしながら、地味な色合いでいくようにしたほうがいいでしょう。

仕事帰りの服装でも構わないのですが、派手な装飾品は避けたほうがいいと言われます。

葬儀の場合では、黒い服装をするようにします。

礼服や喪服などをきちんと着こなしていくようにしたいものです。

事前に準備をして、靴下やストッキングなどでも黒いものにしたほうがいいといえましょう。

夏場は露出のないもの、冬場でもふさわしい上着を選ぶようにしたほうがいいでしょう。

Post Your Comment Here

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です