葬儀と死に対する畏怖の念

葬式は、医療機関の紹介する葬儀業者に故人の遺体の引き取り依頼し、自宅や葬祭会場の遺体安置施設に故人の遺体を安置します。

人の死に際しては、7日以内に死亡診断書を添えて死亡届を提出し、火葬許可証を発行して貰い火葬すれば手続き等は終了ですが、一般的に通夜と葬式を行った後に火葬を行い埋葬します。

しかし、農業の盛んな地域や雪深い地域では葬儀の前に火葬する前火葬や通夜の前に火葬する骨葬なども行われています。

火葬後には、一般に遺骨を骨壷に収骨しますが、関西地方では遺骨の一部しか収骨しない部分収骨が行われており、葬儀を不要とする人達の間では一切収骨しない0葬が多くなっています。

背景には、死生観や宗教観が大きく変化した事により、神や死に対する畏怖の念が希薄となり経済的問題を優先する人が多くなったと考えられている一方で、シュメール文明や古代エジプト文明では死に畏怖し遺体の腐敗を穢れとして忌み嫌ってきましたが、日本では腐敗は死の確定事象として殯を行って来た民族性があるとされています。

現在の葬儀は、通夜から葬式、火葬、埋葬の流れで行われる事が一般的ですが、儒教や道教、神道など複数の宗教観が混ざり合った葬式仏教に基づいて行われており、日本本来の葬儀では無いとされています。

日本国民の象徴は、日本国憲法に定義されている様に天皇であり、天皇を弔う手順が日本本来の葬儀の形と言えます。

天皇の葬儀は、皇室喪儀令に定められる手順で行われています。

皇室の葬儀は、死後殯宮に遺体が腐敗し白骨化するまで安置しますが、神武天皇が死んだ紀元前585年頃から飛鳥時代までは3年程度殯が行われていた記録があり、次第に期間が短縮され昭和天皇が死んだ際には死後から埋葬まで約2カ月の期間を要しています。

しかし、今上天皇は期間が短縮された殯も負担が大きいと弱音をメディアに吐き物議を醸した事もあります。

死後の殯は日本独自の文化なので今後も継承していくべき儀礼とされていますが、今上天皇は土葬では無く火葬に変更されているので、今後殯も変わっていく可能性があります。

PR|マッサージのリアル口コミ.com|内職 アルバイト|健康マニアによる無病ライフ|女性向けエステ.com|ショッピングカート|生命保険の選び方|お家の見直ししま専科|SEOアクセスアップ相互リンク集|心の童話|クレジットカードの即日発行じゃけん|英語上達の秘訣|童話|サプリメント|お小遣いNET|家計見直しクラブ|住宅リフォーム総合情報|